花火大会撮影ガイド

お台場レインボー花火とは?見どころや撮影スポットをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つにお台場レインボー花火があります。

そんなお台場レインボー花火を撮影したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事ではお台場レインボー花火を主に初めて撮影される方向けに、大会の概要や特徴、撮影するにあたってのポイントをまとめました。

お台場レインボー花火とは

お台場レインボー花火は東京都港区で開催される花火大会で、概要は以下の通りです。

開催時期 2022年12月3日、10日、17日、24日 19:00〜19:05(※例年12月毎週土曜日)
場所 鳥の島沖
打ち上げ数 約1,300発
最大号数 5号玉
担当煙火店 丸玉屋小勝煙火店
無料観覧席 あり
有料観覧席 なし
三脚利用 可能(一部禁止エリアあり)
Webサイト 東京お台場.net

2007年より始まった花火イベントで、東京臨海部の冬の風物詩として現在に至ります。

2020年および2021年については新型コロナウィルス感染症(COVID-19)などの影響で中止となりました。

大きさは最大5号玉、打ち上げ数は1回あたり1,300発と数値だけ見ると小規模に見えますが、開催が短時間ゆえ高密度な花火が展開されます。(1時間に換算すると単純計算でおよそ10,000〜15,000発程度)

お台場レインボー花火の見どころ

お台場レインボー花火の見どころはざっくり以下の2つとなります。

  • 夜景と花火のコラボレーションが堪能できる
  • 音楽と花火の演出が楽しめる(特定日のみ)

短時間ながら、特別な夜景と花火のコラボレーション(クリスマス付近は音楽も)が楽しめるのが魅力となっています。

夜景と花火のコラボレーションが堪能できる

お台場レインボー花火における見どころは、なんといっても夜景と花火のコラボレーションが楽しめる点です。

お台場周辺は東京都内で有数の夜景スポットとなっていて、普段から十二分に夜景鑑賞を楽しめます。

お台場レインボー花火が開催される日はそこに色合い豊かな花火が加わり、より華やかな東京の夜を楽しめます。

さらに、レインボーブリッジの虹色ライトアップや煌々と輝く屋形船が集結するなど、普段では見られない光景も。

非日常感あふれる光景を楽しめるのが最大の魅力です。

音楽と花火の演出が楽しめる(特定日のみ)

音楽と花火による演出を楽しめるのもお台場レインボー花火における見どころの一つです。

お台場レインボー花火は基本的に花火のみの打ち上げとなりますが、クリスマス当日〜直前の回に限り音楽と合わせての打ち上げられます。

使用される楽曲はクリスマスにちなんだものが中心で、さらに花火もクリスマスらしい内容のものが披露されます。

クリスマスの雰囲気に浸りながら花火を楽しむのも面白いものです。

お台場レインボー花火の撮影について

お台場レインボー花火の特徴をざっくり掴んでいただいたところで、ここからは撮影を行うにあたって押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

おすすめのスポットと焦点距離

お台場レインボー花火の撮影におすすめなスポットは以下の3ヶ所となります。

おすすめスポット 花火までの距離(推定) 焦点距離
縦構図 横構図
お台場海浜公園(展望デッキ付近) 450m 40mm 30mm
お台場海浜公園(マリンハウス付近) 650m 60mm 40mm
テレコムセンター展望台 1800m 170mm 110mm

花火写真の撮影に適した焦点距離の算出方法については以下の記事をご覧ください。

>> 花火写真の撮影で超絶悩ましい焦点距離の計算方法

お台場海浜公園(マリンハウス付近)からのお台場レインボー花火
テレコムセンター展望台からのお台場レインボー花火

花火を存分に楽しみつつ撮影をしたい方はお台場海浜公園、夜景を俯瞰しつつ撮影したい方はテレコムセンターがおすすめでしょうか。

上記の他に芝浦南ふ頭公園や竹芝ふ頭公園からも観覧・撮影できますが、船舶の往来や花火打ち上げ場所との位置関係から個人的にはあまり推奨しません。

三脚利用禁止エリアに注意

お台場レインボー花火が開催される日は、安全上の理由などの観点から以下の場所で三脚の利用が禁止されます。

  • アクアシティお台場(デッキ部分および台場駅側出入口周辺)
  • デックス東京ビーチ(デッキ部分)
  • 球体展望台はちたま

球体展望台はちたまは基本的にお台場レインボー花火が始まる前に営業終了となりますが、年末年始に実施される延長営業と重なった場合に限り展望台からの観覧ができます。(三脚および暗幕の使用は不可)

三脚を用いて撮影される場合はこれらの場所を避けるか、三脚を使用せずに撮影するようにしましょう。

露出オーバー対策はあった方が良い

お台場レインボー花火を撮影にするにあたって露出オーバー(白飛び)対策を推奨します。

花火の規模はそれほど大きくないものの、光量の多い小型煙火が披露されます。

そのため、何も対策せずに挑むとあっさりと露出オーバーを引き起こしてしまいます。

露出オーバー対策については以下の記事でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

>> 花火写真の撮影で厄介な露出オーバー(白飛び)を防止する方法

まとめ

本記事ではお台場レインボー花火を撮影するにあたって押さえておきたい特徴やスポットなどについて紹介してまいりました。

開催は短時間ながら、特別なライトアップを施されたレインボーブリッジと花火のコラボレーションを楽しめるのが何よりの魅力となっています。

特定の観覧席が設けられていないためお好みの場所で撮影できますが、商業施設の周辺では三脚の利用が禁止されている箇所がありますのでご注意を。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら