花火大会撮影ガイド

NARITA花火大会in印旛沼とは?見どころや撮影スポットをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つにNARITA花火大会in印旛沼(以下、NARITA花火大会)があります。

そんなNARITA花火大会を撮影したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事ではNARITA花火大会を主に初めて撮影される方向けに、大会の概要や特徴、撮影するにあたってのポイントをまとめました。

NARITA花火大会in印旛沼とは

NARITA花火大会in印旛沼は千葉県成田市で開催される花火大会で、概要は以下の通りです。

開催時期 2022年11月5日(例年10月中旬)
場所 成田ニュータウンスポーツ広場
打ち上げ数 約13,000発
最大号数 10号玉
担当煙火店 日本橋丸玉屋
無料観覧席 不明(第14回大会では会場南方に設置)
有料観覧席 あり
三脚利用 可能
Webサイト NARITA花火大会in印旛沼公式サイト

2006年に成田市とその周辺の市町村合併記念を機に始まった花火大会で、地元有志によるボランティアと煙火店が共に創りあげる地域密着型の花火大会として現在に至ります。

打ち上げ数は約13,000発、大きさは最大で10号玉と関東地方の花火大会としては規模の大きいものとなっています。

NARITA花火大会in印旛沼の見どころ

NARITA花火大会in印旛沼の見どころはざっくり以下の3つとなります。

  • 最先端の演出が楽しめる
  • 圧倒的な迫力を味わえる

迫力ある花火を斬新な演出とともに楽しめるのが本大会の魅力です。

最先端の演出が楽しめる

最大の見どころはなんといっても最先端の花火ショーが楽しめる点にあります。

NARITA花火大会で打ち上げを担当する日本橋丸玉屋さんは「花火ファンタジア」と呼ばれる音楽花火ショーを全国各地で展開しています。

最短0.03秒で音楽と高度にシンクロした花火に加え、日本国内において珍しく花火タワーを用いた豪快な演出も見られます。

花火タワーを組み込んだスターマイン
花火タワーの拡大図 放射状に噴出されるのが特徴

この他、花火を活用したビンゴ大会やMCと観覧客が一体となった演出など、他の花火大会では味わえない面白い取り組みもみられます。

ライブ感あふれる斬新な演出は一度見たら虜になることでしょう。

圧倒的な迫力を味わえる

最先端の花火ショーに加え、迫力ある花火を味わえるのも見どころです。

NARITA花火大会は観覧席から打ち上げ場所までの距離が近い(10号玉基準でおよそ300〜500m)のが特徴となっています。

千葉県内で10号玉の打ち上げを行う花火大会では、打ち上げ場所から観客までの距離を最低240m(2級保安距離)確保する必要があります。

>> 煙火消費許可申請の手引(千葉県)

特に凄まじい物量で繰り広げられるフィナーレの「NARITA黄金伝説」では、五臓六腑に染み渡る異次元の迫力を体感できます。

NARITA花火大会in印旛沼の撮影について

NARITA花火大会の特徴をざっくり掴んでいただいたところで、ここからは撮影を行うにあたって押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

撮影に適した観覧席は2ヶ所

NARITA花火大会では全席において三脚を使用した撮影ができますが、中でも適しているのが以下の2つとなります。

  • A会場カメラマン席
  • B会場カメラマン席

三脚を最大限伸ばして撮影できるのはA会場カメラマン席B会場カメラマン席で、それぞれ各会場の後方に設けられます。

各カメラマン席から花火(10号玉)までの距離はざっくり以下の通り。

A会場カメラマン席 400m
B会場カメラマン席 500m

花火を存分に楽しみつつ撮影をしたい方はA会場、ある程度距離を置いて撮影したい方はB会場がおすすめでしょうか。

座位での撮影になりますが、複数名で入場するのであればB会場区画席も候補になってきます。

ただし、B会場の前方には高さのあるネットが設けられているため、区画の後方でないと厳しいかもしれません。

参考までにA会場イス席でも一応のところ撮影はできますが、三脚を満足に置けるスペースは最前列とピッチャーマウンドに隣接するごく一部の席に限られますのでご注意を。

A会場イス席の最前列から撮影した例

そのほかの観覧席についても三脚を用いた撮影はできますが、花火までの距離が近すぎるため撮影自体が不向きです。(360°カメラを用いた動画撮影であれば面白いかも?)

動画とセットでの撮影がおすすめ

NARITA花火大会を撮影するにあたり、写真と動画をセットで撮影するのが個人的におすすめです。

本大会では音響と花火を組み合わせた演出が主体で、かつ通常の花火大会ではあまり見られない特殊な演出も行われます。

このため、写真だけでは大会の魅力を十分に伝えきれない可能性があります。

2台以上のカメラで撮影する方法については以下の記事も参考にしてみてください。

>> 2台以上のカメラで花火を撮影するには?そのメリットと具体的な方法

露出オーバー対策が必須

NARITA花火大会を撮影にするにあたって露出オーバー(白飛び)対策が必須となります。

本大会では物量の多い小型煙火や花火タワーなど、光量の多い花火が多く披露される傾向にあります。

そのため、何も対策せずに写真撮影に挑むとあっさりと露出オーバーを引き起こしてしまいます。

露出オーバー対策については以下の記事でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

>> 花火写真の撮影で厄介な露出オーバー(白飛び)を防止する方法

まとめ

本記事ではNARITA花火大会を撮影するにあたって押さえておきたい特徴などについて紹介してまいりました。

関東地方で秋に開催される花火大会としてはかなりの規模で、最先端の演出と迫力ある花火を味わえるのが特徴となっています。

メイン会場内は各席で三脚を用いた撮影が可能ですが、立った状態でめいっぱい伸ばせるカメラマン席(A会場/B会場)が個人的におすすめです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら