花火大会撮影ガイド

北区花火会とは?見どころや撮影スポットをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つに北区花火会があります。

そんな北区花火会を撮影したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事では北区花火会を主に初めて撮影される方向けに、大会の概要や特徴、撮影するにあたってのポイントをまとめました。

北区花火会とは

北区花火会は東京都北区で開催される花火大会で、概要は以下の通りです。

開催時期 2022年10月22日(※例年9月下旬頃)
場所 荒川河川敷岩淵水門周辺
打ち上げ数 不明(※2019年は約8,888発)
最大号数 5号玉
担当煙火店 イケブン
無料観覧席 なし
有料観覧席 あり
三脚利用 不可
Webサイト 北区花火会公式サイト

地元の民間団体が中心となって開催する秋の花火協働事業で、いうなれば北区に関わる方々によって成り立っている手作りの花火大会です。(名称が「花火大会」ではなく「花火会」となっているのもそのためだそうです)

大きさは最大で5号玉、打ち上げ数は8,888発となっています。

北区花火会の見どころ

北区花火会の見どころはざっくり以下の2つとなります。

  • 北区ならではの演出
  • 夜景とのコラボレーション

北区らしい演出の花火を楽しめるのに加え、独特のロケーションとセットで観覧できるのが魅力です。

北区ならではの演出が楽しめる

一つ目の見どころとして北区ならではの演出が挙げられます。

北区花火会では北区にまつわるストーリーに載せた花火や、北区出身のバンドことエレファントカシマシの楽曲に合わせたミュージックスターマインが披露されます。

北区らしさあふれる演出を美しい花火と共に楽しめるのが北区花火会の魅力です。

この他、日本煙火芸術協会に所属する煙火店さんが製作した花火作品(5号玉)も披露されます。

夜景とのコラボレーションが堪能できる

2022年については赤水門エリアおよび一般エリアへに相当する区画が立ち入り禁止となるため、本記事で紹介する夜景とのコラボレーションはお楽しみいただけません。

二つ目の見どころとして、花火と夜景のコラボレーションが楽しめる点が挙げられます。

河川敷を舞台に開催される花火大会は全国各地にありますが、おおよそ似たような景色になりがちです。

北区花火大会はライトアップされた旧岩淵水門(赤水門)の背後で花火が打ち上がり、それに対応した観覧エリアが設けられます。

他では味わえない「映え」な景色を堪能できるのは魅力的です。

旧岩淵水門と花火のコラボレーションは赤水門エリアおよび一般観覧エリアでご覧いただけます。

ちなみに旧岩淵水門のライトアップ自体も珍しく、北区花火会以外ではソメイヨシノの開花シーズンに見られるぐらいだそうです。

北区花火会の撮影について

北区花火会の特徴をざっくり掴んでいただいたところで、ここからは撮影を行うにあたって押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

おすすめの撮影スポットと焦点距離

2022年は青水門エリアに相当する箇所にのみ協賛席が設けられますが、三脚を使用しての撮影は禁止となっています。

また、北区花火会公式サイトによると、赤水門エリアおよび一般エリアに相当する場所については立ち入りそのものが禁止となります。

北区花火会の撮影におすすめのスポットは以下の2ヶ所となります。

おすすめスポット 花火までの距離(推定) 焦点距離
縦構図 横構図
カメラマン席(青水門エリア) 260m 24mm 16mm
ファンゾーン(赤水門エリア) 400m 40mm 24mm
ファンゾーンからの様子[2019年撮影]

北区花火会では以下の3タイプの観覧席が設けられます。

  • 青水門エリア(有料)
  • 赤水門エリア(有料)
  • 一般席エリア(無料)

青水門エリアは花火を正面に据えられる観覧エリアで、花火を集中的に楽しみたい方に最もおすすめのスポットとなります。

三脚を使用した撮影をされるのであれば、堤防最上段に設けられるカメラマン席が最もおすすめでしょうか。

一方の赤水門エリアは花火のワイド感が犠牲になる一方、旧岩淵水門(赤水門)とセットで楽しめるのが特徴となっています。

中でもファンゾーンは都内の花火大会としては破格の1,000円かつ三脚を利用しての撮影もできるため、個人的におすすめです。

花火をがっつり楽しみつつ撮影したい方は青水門エリア、いわゆる「写真映え」を重要視したい方は赤水門エリアを選ぶと良いでしょう。

一般観覧エリアも赤水門エリアと似たような絵面が得られますが、音響設備が整っていないようです。

露出オーバー対策はあった方が良い

北区花火会を撮影にするにあたって露出オーバー(白飛び)対策は施した方が良いでしょう。

花火の規模は最大5号玉とそれほど大きくないものの、光量の多い小型煙火が披露されます。

そのため、何も対策せずに挑むとあっさりと露出オーバーを引き起こしてしまいます。

特に花火の全景を見渡せる青水門エリアから撮影される方はNDフィルターを用意するなど、適切な対策を施した上で撮影に挑まれることをおすすめいたします。

露出オーバー対策については以下の記事をご覧ください。

>> 花火写真の撮影で厄介な露出オーバー(白飛び)を防止する方法

まとめ

本記事では北区花火会を撮影するにあたって押さえておきたい特徴やスポットなどについて紹介してまいりました。

北区らしい演出の他、ライトアップされた旧岩淵水門とのコラボレーションを堪能できるのが本大会の魅力となっています。

青水門エリア、赤水門エリア(一般観覧エリアも含む)とタイプの異なる観覧エリアが設けられ、花火を最大限に楽しみつつ撮影される方は前者、いわゆる「写真映え」を重要視した撮影をしたい方は後者がおすすめです。

なお、2022年の大会については協賛席内での三脚を使用した撮影は禁止、赤水門エリア並びに一般エリアに相当する場所は立ち入り禁止となっていますのでご注意ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら