花火大会撮影ガイド

ISOGAI花火劇場in名古屋港とは?見どころや撮影スポットをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つにISOGAI花火劇場in名古屋港があります。

そんなISOGAI花火劇場in名古屋港を撮影したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事ではISOGAI花火劇場in名古屋港を主に初めて撮影される方向けに、大会の概要や特徴、撮影するにあたってのポイントをまとめてみました。

ISOGAI花火劇場in名古屋港とは

ISOGAI花火劇場in名古屋港は愛知県名古屋市で開催される花火大会で、概要は以下の通りです。

開催時期 2022年12月24日(※例年12月のクリスマス付近に開催)
場所 名古屋港ガーデンふ頭
打ち上げ数 非公表
最大号数 8号玉
担当煙火店 磯谷煙火店
無料観覧席 なし
有料観覧席 あり
三脚利用 一部可能
Webサイト ISOGAI花火劇場in名古屋港Webサイト

名古屋港における冬花火の歴史は意外と長く、1990年に誕生したスターライトレビュー(スターライトHA・NA・BI)が始まりとなっています。

そんなスターライトレビューは2014年まで25年間にわたってクリスマスシーズンの名古屋港の風物詩として親しまれてきましたが、諸事情により幕を降ろすことに…。

翌年の2015年に事実上の後継にあたる本大会が誕生し、現在に至るまで開催され続けています。

打ち上げ数は非公表、最大号数は8号玉と冬の花火大会としては規模の大きい部類となります。

ISOGAI花火劇場in名古屋港の見どころ

ISOGAI花火劇場in名古屋港の見どころはざっくり以下の通りとなります。

  • ストーリー性のあるプログラム
  • 芸術性の高い花火

他の花火大会ではあまり見られないストーリー仕立ての花火を楽しめるのが最大の特徴です。

ストーリー性のあるプログラムを楽しめる

一つ目の見どころとして、ストーリー性のあるプログラムが挙げられます。

ISOGAI花火劇場in名古屋港を担当する磯谷煙火店さんはラジオドラマ風のストーリーに沿って花火を披露する「ドラマチックハナビ」を展開しています。

本大会ではクリスマスの時期にぴったりなストーリーが用意され、この時期らしい色合いの花火や物語にマッチした型物花火などが、効果音や音楽を交えながら展開されます。

【例】ワイングラスの乾杯をイメージした花火

まるで劇場にいるかのような感覚で花火を楽しめるのが魅力です。

芸術性の高い花火が堪能できる

二つ目の見どころとして芸術性の高い花火が挙げられます。

打ち上げを担当する磯谷煙火店さんは過去に全国花火競技大会(大曲の花火)で内閣総理大臣賞を二度受賞するなど、優秀な実績を収めた実績があります。

それゆえ、本大会で披露される花火の質は非常に高いものとなっています。

ストーリーに沿ってプログラムが展開される中で登場する芸術性に富んだ花火にも注目です。

ISOGAI花火劇場in名古屋港の撮影について

ISOGAI花火劇場in名古屋港の特徴をざっくり掴んでいただいたところで、ここからは撮影を行うにあたって押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

撮影可能な観覧席は展望Cエリアのみ

ISOGAI花火劇場観覧席(引用:ISOGAI花火劇場in名古屋港公式サイト)

ISOGAI花火劇場in名古屋港ではメイン会場内にいくつかの有料観覧席が設けられますが、このうち三脚を使用しての撮影ができるのは展望Cエリアのみとなります。

メイン会場となる名古屋港ガーデンふ頭の一部区画で工事が行われる関係で、2022年についてはカメラ席(立位での撮影が可)が設けられないとのことです。

展望Cエリアはガーデン埠頭の斜面に設けられる観覧席で、エリア内は自由席、座った状態での使用に限り三脚を利用しての撮影が可能となっています。

展望Cエリア外観①
展望Cエリア外観②

注意点として展望Cエリアは目の前に木や街灯などの遮蔽物があり、座る場所によっては花火の一部が見えにくい場合があります。

展望Cエリアにおける視界を遮る箇所の例

また、展望Cエリアのチケットは楽天チケットのみでの取り扱いとなるため、こちらも注意が必要です。(他の観覧席はイープラス、ローソンチケット、チケットぴあでも購入可能)

展望Cエリアは5,000円/枚ですが、楽天チケットで購入するとポイント5倍(5%還元)となります。

メイン会場内で写真や動画の撮影を検討されている方は、展望Cエリアのチケットをあらかじめ入手しておきましょう。

動画とセットでの撮影がおすすめ

ISOGAI花火劇場in名古屋港を撮影するにあたり、写真と動画をセットで撮影するのが個人的におすすめです。

本大会は通常の花火大会とは異なり、創作ストーリーの中で花火を披露する珍しい形態が取られています。

披露される花火はストーリーに最適化されたものもあり、写真だけではその魅力を十分に伝えきれない可能性があります。

2台以上のカメラで撮影する方法については以下の記事も参考にしてみてください。

>> 2台以上のカメラで花火を撮影するには?そのメリットと具体的な方法

露出オーバー対策が必須

ISOGAI花火劇場in名古屋港を撮影にするにあたって露出オーバー(白飛び)対策が必須となります。

花火写真の撮り方講座〜第8章 主な失敗例と対策方法〜で触れているように、露出オーバーを引き起こすと花火の魅力が伝わりにくくなります。

特にスターマインは光量が多いため、何も対策せずに挑むとあっさりと露出オーバーを引き起こしてしまいます。

露出オーバー対策については以下の記事でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

>> 花火写真の撮影で厄介な露出オーバー(白飛び)を防止する方法

まとめ

本記事ではISOGAI花火劇場in名古屋港を撮影するにあたって押さえておきたい見どころや撮影スポットなどについて紹介してまいりました。

クリスマスの時期にぴったりなラジオドラマ風のストーリーとともに、珠玉の花火を楽しめるのが魅力となっています。

メイン会場内において撮影できる場所は立位での撮影が可能なカメラ席(2022年については設けられない予定)もしくは座位での撮影が可能な展望Cエリアの2箇所となります。

大会の特性上、写真に加えて動画の撮影もセットで行うと魅力がより伝えやすくなるのでおすすめです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら