花火大会撮影ガイド

花火甲子園とは?見どころや撮影スポットをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つに花火甲子園があります。

そんな花火甲子園を撮影したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事では花火甲子園を主に初めて撮影される方向けに、大会の概要や特徴、撮影するにあたってのポイントをまとめました。

花火甲子園とは

花火甲子園は愛知県蒲郡市で開催される花火競技大会で、概要は以下の通りです。

開催時期 2022年11月12日(例年11月中旬頃)
場所 大塚海浜緑地ラグーナビーチ
打ち上げ数 約10,000発
最大号数 10号玉
担当煙火店 全26社(花火競技には20社が出品予定)
無料観覧席 なし
有料観覧席 あり
三脚利用 一部可能(撮影エリアのみ)
Webサイト 花火甲子園公式ホームページ

2019年に新設された花火競技大会で、愛知県でも他県で見られるような豪華な花火をご覧いただきたいという想いから、県内の有志によって立ち上げられました。

打ち上げ数は10,000発、大きさは最大で10号玉と、秋に開催される東海地方の花火大会としては大規模なものとなっています。

ちなみに”花火甲子園”の名称は選抜高等学校野球大会(春の甲子園)や全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)のような、いわゆる「花火界の甲子園大会」にしていこうという想いから名付けられたそうです。

花火甲子園の見どころ

花火甲子園の見どころはざっくり以下の2つとなります。

  • 全国の花火師さんが手がけた匠の技を堪能できる
  • 迫力あるミュージックスターマインが楽しめる

全国各地の煙火店さんが丹精込めて創り出された花火作品を堪能できるのが魅力となっています。

全国の花火師さんが手がけた匠の技を堪能できる

花火甲子園の見どころはなんといっても全国の花火師さんが手がけた匠の技を堪能できる点にあります。

花火競技大会では5号玉と10号玉による競技が行われ、第1回大会では伝統の芯入割物やユニークな花火作品が披露されました。

花火競技で披露された作品の例(10号玉)

第2回大会では20社(5号玉20競技、10号玉15競技、合計35競技)の作品が披露されるとのことです。

第1回大会では花火競技の審査はあらかじめ選任された審査員によって行われましたが、第2回大会では観客による審査も取り入れられるとのことです。

迫力あるミュージックスターマインが楽しめる

2つ目の見どころとして、迫力あるミュージックスターマインが楽しめる点が挙げられます。

花火甲子園は花火競技大会がプログラムのメインとなりますが、その合間にいくつかのミュージックスターマインが披露されます。

2019年に開催された第1回大会では愛知県に拠点を構える煙火店さんと、同年に全国花火競技大会(大曲の花火)で内閣総理大臣賞を獲得した菊屋小幡花火店さんによる演出が見られました。

ミュージックスターマインの例(磯谷煙火店さんによる演出)
ミュージックスターマインの例(加藤煙火さんによる演出)

ハイレベルで見応えのあるスターマインが見られることでしょう。

花火甲子園の撮影について

花火甲子園の特徴をざっくり掴んでいただいたところで、ここからは撮影を行うにあたって押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

三脚を用いた撮影が可能なのは撮影エリアのみ

花火甲子園では複数の観覧席が設けられますが、三脚を利用しての撮影ができるのは撮影エリアのみとなります。

花火甲子園会場案内(引用:花火甲子園公式サイト)

撮影エリアは一般観覧エリア東側の後方に設けられる160平方メートル(80m×20m)程度の区画で、エリア内は自由席となっています。(区画の規模はGoogleマップ調べ)

メイン会場内で三脚を使っての撮影を予定されている方は、必ず撮影エリアのチケットを購入するようにしましょう。

広角もしくは標準ズームレンズがあると良い

写真撮影にあたっては広角(もしくは標準)ズームレンズの利用がおすすめです。

花火甲子園では撮影エリアから10号玉の打ち上げ場所までの距離が550m、フィナーレで披露されるスターマインの全幅が400m程度となります。

上記をベースに計算すると、必要な焦点距離はざっくり以下の通り。(焦点距離はフルサイズ換算)

横構図 26mm
縦構図 40mm

上表は花火の下部から上部がギリギリ収まる焦点距離で、観覧席などの副題を交える場合はさらに広い画角が必要になります。

画角に余裕を持たせる観点から広角ズームレンズが個人的におすすめですが、手元にない場合は標準ズームレンズでも良いでしょう。

花火写真の撮影に適した焦点距離の算出方法については、以下の記事も併せてご覧ください。

>> 花火写真の撮影で超絶悩ましい焦点距離の計算方法

花火競技以外は露出オーバー対策が必要

花火甲子園を撮影にするにあたって露出オーバー(白飛び)対策が必須となります。

特にミュージックワイドスターマインでは光量の多い花火が披露されるため、何も対策せずに挑むとあっさりと露出オーバーを引き起こしてしまいます。

露出オーバー対策については以下の記事でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

>> 花火写真の撮影で厄介な露出オーバー(白飛び)を防止する方法

まとめ

本記事では花火甲子園を撮影するにあたって押さえておきたい特徴などについて紹介してまいりました。

プログラムの核となる花火競技で全国の花火師さんが手がけた匠の技を堪能できるのに加え、愛知県の煙火店さんを主軸とした迫力あるミュージックスターマインが楽しめるのが見どころとなっています。

メイン会場内で三脚を利用した撮影が可能なのは撮影エリアのみとなりますので、事前にチケットの購入をしておきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら