写真撮影

花火写真の撮り方講座〜第4章 カメラの設定〜

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

花火の写真を撮影するにあたって必要になる知識やテクニックについて、全9章の講座形式で紹介していく本シリーズ。

第4章では基本的なカメラの設定について解説していきます。

普段オートやセミオートで撮影している方にはやや敷居が高いかもしれませんが、ひとたび覚えてしまえばどの花火大会でも使いまわせますので、ぜひ押さえておきましょう。

花火写真における基本的なカメラの設定

花火写真の撮影におけるカメラの設定をざっくりまとめると以下の通りとなります。

撮影モード マニュアルモード(M)もしくはバルブモード(B)
シャッタースピード バルブ(Bulb)
ISO感度 ベースISO感度
絞り(F値) 花火により異なる(単打ち:F4.0〜8.0、スターマイン:F11〜16程度)
ホワイトバランス 花火により異なる(和火:5000K前後、洋火:3500K前後)
フォーカス マニュアルフォーカス(MF)
長秒時ノイズ低減 オフ
手ぶれ補正 オフ
記録形式 RAW(+JPEG)

花火写真の撮影はいわゆる光跡の撮影で、花火が打ち上がってから消えるまでには一定の時間がかかるため、都市夜景などと同じく長時間露光(スローシャッター)を用います。

ただし、都市夜景などとは以下の点で異なります。

  • 花火の打ち上がるタイミングおよび露光時間がまちまち
  • 被写体の花火が非常に明るい

とどのつまり、変則的な長時間露光をしつつカメラへ入ってくる光の量を抑える設定を施す必要が出てきます。

撮影モード:マニュアルモード(M)orバルブモード(B)

まずは撮影モードをマニュアルモード(M)もしくはバルブモード(B)に設定します。

一眼カメラおよび一部のコンパクトデジカメにはいくつかの撮影モードが備わっていて、それぞれ露出に関する設定(絞り、シャッタースピード、ISO感度)を変更できる範囲が異なります。

撮影モード 絞り(F値) シャッタースピード ISO感度
オートモード 自動 自動 自動
プログラムオートモード(P) 自動/手動 自動/手動 自動/手動
絞り優先モード(A、Av) 手動 自動 自動/手動
シャッタースピード優先(S、Tv) 自動 手動(バルブ不可) 自動/手動
マニュアルモード(M) 手動 手動(Bモード搭載機種はバルブ不可) 手動
バルブモード(B) 手動 手動(バルブ固定) 手動

先述の表でも触れていますが、花火写真の撮影では露出の設定を以下のように施します。

  • 絞り(F値):特定の値で固定(※花火の種類により調整)
  • シャッタースピード:バルブ(Bulb)で固定
  • ISO感度:ベースISO感度で固定

上記の設定を実現できる撮影モードはマニュアルモード(機種によってはバルブモード)になります。

バルブモード(B)とマニュアルモード(M)のどちらを選ぶかについては、おおむねカメラメーカー毎に異なります。

  • バルブモード:PENTAX、Canon(一部機種)
  • マニュアルモード:上記以外

詳しくはお手持ちのカメラの取扱説明書などをご確認ください。

シャッタースピード:バルブ(Bulb)

続いて、シャッタースピードをバルブ(Bulb)に設定します。(※撮影モードがバルブモードの場合は自動的に設定されます)

シャッタースピードとは一枚の写真撮影においてカメラが連続して光を受け続ける時間を指し、時間が長いほど受ける光の量が多くなります。

そしてシャッターを開けている間、移動する光については残像(光跡)として記録されます。

実は花火も上記のように多数の火薬が流れ星のように動く仕組みになっているため、シャッターを開けている間に記録された光跡が写真として出てきます。

詳しくは花火写真の撮り方講座〜第7章 撮影のコツをつかもう〜で解説しますが、花火写真における撮影の流れはざっくり以下のとおりとなります。

  1. 花火が打ち上がる直前でシャッターを開ける
  2. 花火が消えたところでシャッターを閉じる

例えば、断続的に打ち上がるかつ打ち上がってから消えるまでの時間が不均等な4つのシーンを持つ花火(花火A〜D)があったとします。

この4シーンの花火に対してシャッタースピードをある値に固定(もしくは自動計算)した状態で撮影すると、光跡が中途半端になったり不自然な重なり方をしてしまいます。

花火A〜Dを完全な状態かつそれぞれの写真に収めるためにはどうすれば良いか…その課題を解決してくれるのがバルブ(Bulb)です。

バルブとはいわゆる「調整弁」で、液体などの流量を調整するために用いられます。

カメラにおけるバルブも仕組みは同じで、撮影者が任意のタイミングでシャッターを開閉して光を取り込むタイミングと時間をコントロールできるようになります。

先ほどの例に挙げた4つのシーン(花火A〜D)をバルブを用いて撮影すると、それぞれのシーンに対してシャッターを開閉できるため、理想的な花火写真へ近づけることができます。

以上のように、撮影者が意図する花火写真へと近づけるためにはバルブに設定する必要があると押さえておきましょう。

ISO感度:ベースISO感度

特別な理由がない限りベース感度(基準感度)に設定するのが望ましいでしょう。

ISO感度とはカメラ(イメージセンサー)の光に対する感度のことをいい、値が低いほどカメラが光に対して鈍感になり、高いほど敏感になります。

また、もう一つの特徴としてISO感度が高ければ高いほどノイズが乗りやすくなります。

一般的に明るい被写体を撮影する場合はカメラへ取り込む光の量を抑える必要がありますが、そのために施すべき設定は次の通りとなります。

  • シャッタースピード:速くする
  • 絞り(F値):絞る(F値を大きくする)
  • ISO感度:低くする

シャッタースピードの項目でも紹介していますが、花火写真は光跡の撮影がゆえ、数秒〜数十秒単位の長時間露光(バルブ)による撮影が必須となります。

ところが花火は都市夜景などと比べて非常に明るい被写体がゆえ、カメラが許容する光の量を超えやすい傾向にあります。(これがいわゆる白飛びで、写真撮影における失敗の代表例にもなっています)

シャッタースピードが動かせない条件下でカメラに入ってくる光の量を抑えるためには、ISO感度と絞り(後述参照)の二つを調整する必要が出てきます。

で、具体的にどの程度の値にすれば良いかについてですが、特別な理由がない限りベースISO感度にするのが望ましいです。

その理由としては以下の3点となります。

  • カメラに入ってくる光の量を最大限まで抑えることができる
  • 写真の品質(画質)を最も担保できる
  • 三脚を用いるため手ぶれを気にする必要がない

カメラによっては拡張感度によってISO感度をさらに下げられる機種もありますが、画質に悪影響を及ぼすため個人的にはあまりおすすめしません。

各カメラメーカー別のベースISO感度は以下の通りです。

  • Canon:100
  • Nikon:64もしくは100(機種により異なる)
  • SONY:100
  • PENTAX:100
  • FUJIFILM:160もしくは200(機種により異なる)
  • OMDS(旧OLYMPUS):200
  • Panasonic:100もしくは200(機種により異なる)

絞り(F値):花火に応じて調整

絞りについては花火の種類や打ち上げ方によって変わってきます。

そもそも絞りとは何ぞやってお話ですが、端的に言うとレンズからカメラへの光の通しやすさをいいます。

絞りの大きさは一般的にF値(F: Focal)で表現され、F値が小さい(絞りが大きい)ほどレンズからカメラへ光が通しやすくなり、反対に大きい(絞りが小さい)ほど通しにくくなります。

撮影モードのところでも述べたように、花火は非常に明るい被写体となる一方で、光跡を撮るために数秒~十数秒程度の長時間露光が必要となります。

そのため、先述のISO感度と合わせて絞りを絞る(F値を大きくする)ことで光を取り込む量を抑える必要があります。

花火の明るさは単打ちとスターマイン、色合いなどで大きく異なりますが、目安としては以下の通りとなります。

花火の種類・色合い 絞り(F値)
和火 F2.8~4.0
青色の花火 F5.6~8.0
紅色の花火 F8.0~13
中間色(パステルカラー)の花火 F11~16
銀冠菊 F11~16
F20~27

和火や青色系の暗めの花火では絞りを開放気味に、中間色(パステルカラー)や白色系の花火では絞りを絞るようにしましょう。

花火の種類がイマイチよく分からない方は、以下を目安に設定してみてください。(NDフィルターを使用しない場合)

  • 単打ち:F4.0~8.0程度
  • スターマイン:F11~16程度

なお、絞りを絞りすぎると回折現象によって画質が落ちるため、気になる方はNDフィルターを併用した上で絞りを少し開放(1~2段程度)することをおすすめします。

ホワイトバランス:花火に応じて調整

花火写真の撮影において悩ましいのがホワイトバランスの設定ですが、打ち上がる花火によって大きく異なります

ホワイトバランスは白を白く写すための機能で、一般的に色温度(K:ケルビン)で表現されます。

目安としては以下の通りとなります。

花火の種類・色合い ホワイトバランス
和火 晴天(太陽光)
青色の花火 電球
紅色の花火 電球
中間色(パステルカラー)の花火 電球
銀冠菊 電球
電球

すごーくざっくりいえば和火は高めの色温度でそれ以外は低めの色温度に設定すると、おおむね自然な色合いが出すことができます。

花火は色の変化が大きいかつ撮影中は設定を簡単に動かせないため、しっかりと色味を追い込むのであればレタッチは必須になります。

ただし、レタッチを前提とする場合でもある程度カメラで追い込むことをおすすめします。(参考までに僕は3500K程度で固定し、レタッチで調整する手法を取っています)

フォーカス:マニュアルフォーカス(MF)

撮影時には必ずマニュアルフォーカス(MF)に切り替えておきましょう。

その理由として以下の2点が挙げられます。

  • 厳密なピント合わせができる
  • 撮影中の不意なピント移動を防ぐ

ピント合わせについては明るい時間帯にオートフォーカス(AF)を使って行う手もありますが、厳密に合わせるのであればMFでの調整が個人的におすすめです。

特に気をつけていただきたいのが撮影時で、AFのまま撮影するとシャッターを切る手前でフォーカスが動いてしまい、肝心なタイミングでシャッターが切れなかったり、ピントがずれて花火の線が綺麗に出なくなってしまいます。

普段からAFで撮影されている方は変更するのを忘れがちですので、撮影する前に必ず確認しましょう。

長秒時ノイズ低減:オフ

長秒時ノイズ低減も忘れずにオフにするようにしましょう。

長秒時ノイズ低減とはシャッタースピードが長い写真に対してノイズ低減を行うための画像処理機能で、以下のような特徴があります。

  • 長時間露光で撮影した写真1枚ごとに処理が行われる
  • 処理には数秒~十数秒程度要する
  • 処理が行われている間はシャッターが切れない

長時間露光が前提となる花火写真ではありがたい機能に思えるかもしれませんが、次々に打ち上がる花火に対してテンポよくシャッターが切れなくなるため、実は花火写真の撮影とは非常に相性の悪いのです

貴重なシャッターを逃さないためにも、長秒時ノイズ低減の切り忘れには注意しましょう。

手ぶれ補正:オフ

手ぶれ補正についても忘れずにオフへ変更しておきましょう。

手ぶれ補正をオンのまま撮影してしまうと微妙なブレが生じてしまう可能性があるというのが大きな理由です。

実は手ぶれ補正機能で効果があるのは手持ち撮影で起こる低周波のブレのみで、三脚などから伝わる高周波のブレは正しく拾えないかつ補正できません。

三脚の利用が前提となる花火写真の撮影では逆効果となってしまうため、忘れずにオフにしておきましょう。

カメラによってはシャッタースピードをバルブ(Bulb)にすると自動的に手ぶれ補正がオフになりますが、念のため確認しておきましょう。

記録形式:RAW(+JPEG)

記録形式についてはRAW(+JPEG)が個人的におすすめです。

デジタルカメラにおける記録形式には大きくRAWとJPEGの2種類があり、両者の違いはざっくり以下の通りとなります。

画像形式 RAW JPEG
情報量 多い(12〜14bit) 少ない(8bit)
容量 大きい 小さい
JPEG書き出し時の画質 劣化しにくい 劣化する

分かりやすく食べ物に例えるなら、RAWは素材JPEGは料理に相当します。

花火は一つのプログラム中で異なる明るさおよび色合いの花火が打ち上がるため、写真の完成度を高めるのであれば、Adobe Photoshop Lightroomなどを用いてレタッチを施すのが個人的にオススメです。

その際、JPEGに対してレタッチおよび再変換を施すと画質が劣化してしまいます。(このような特性を非可逆圧縮ともいいます)

撮影後にレタッチを施す予定がある場合には、RAWでの記録をおすすめします。

少々マニアックなお話になりますが、デジタル写真が作成されるまでの流れはおおむね以下の通りです。

  1. カメラのイメージセンサーで受光
  2. 受光した情報をデジタル変換しRAW(素材)を生成
  3. カメラ内部もしくはソフトウェアにてレタッチ(調理)
  4. JPEG(料理)へ変換・出力

巷でよく聞く「JPEG撮って出しの写真」はカメラメーカーが組み込んだ色情報などを自動的に適用(レタッチ)して出力されたもので、決して無加工のデータではありません。

まとめ

本記事では花火写真の撮影におけるカメラの基本的な設定について紹介してまいりました。

最初はちょっと取っ付きにくいかもしれませんが、いったん設定を押さえてしまえばおおよそどんな花火でも対応できますので、ぜひマスターしておきましょう。

第5章では花火写真における構図の考え方について紹介していきます。

>> 花火写真の撮り方講座〜第5章 構図を決めよう〜

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。