カメラの基礎知識

カメラ初心者さん必見!撮影モードの基本と違いをざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

カメラには撮影モードと呼ばれる機能が搭載されています。

被写体などに応じて使い分けることで意図する写真へと近づけられる機能ですが、どんなものなのかイマイチよく分からないよとお嘆きの方が少なからずいらっしゃるかと思います。

本記事では主にカメラ初心者さん向けに、撮影モードの基本と4つのモードの違いについてざっくりと解説いたします。

撮影モードとは

撮影モードは露出の度合いを決める設定(絞り、ISO感度、シャッタースピード)を撮影者でコントロールできる範囲を決める機能です。

一眼カメラをお使いの方であれば、カメラ本体のダイヤルに「P」「S」「A」「M」といった、SMAPの成れの果て(失礼w)みたいな記号を目にしたことがあるかと思います。

この記号こそが撮影モードで、露出の度合いを決める設定(絞り、ISO感度、シャッタースピード)を操作できる範囲を決められます。(詳細は後述)

被写体などに応じて使い分けることで、より伝わる写真へと近づけられます。

撮影モードによる違い

一眼カメラには大きく5つの撮影モードが備わっていて、それぞれの違いはざっくり以下の通りとなっています。

撮影モード 絞り(F値) シャッタースピード ISO感度
オートモード 自動 自動 自動
プログラムオートモード(P) 自動/手動 自動/手動 自動/手動
絞り優先モード(A、Av) 手動 自動 自動/手動
シャッタースピード優先(S、Tv) 自動 手動(バルブ不可) 自動/手動
マニュアルモード(M) 手動 手動(バルブ可) 手動

以下、各モードについて詳しく解説していきます。

お使いのカメラによっては上記以外のモードが備わっている場合がありますが、本記事では割愛させていただきます。

オートモード

その名のとおりすべての設定をカメラ任せにして撮影するモードです。

露出の度合いを決める3つの設定(絞り、シャッター速度、ISO感度)の他、色味に関する設定(ホワイトバランスなど)も含めて、カメラが最適だと判断した値に自動で設定されます。

早い話がスマートフォンのカメラと同じようなものだと思っていただくと分かりやすいかな思います。

オートモードは各カメラメーカーで呼び名が異なります。

プログラムオートモード(P)

絞り(F値)、シャッター速度をカメラで自動的に計算する撮影モードで、全メーカー共通で「P」と表記されます。(ISO感度については自動もしくは手動設定を選択可)

「P」はProgramの略称です。

前述のオートモードに程近い撮影モードですが、ホワイトバランスや露出補正など一部の設定を撮影者で施せる点で異なります。

特徴的な機能としてプログラムシフトがあり、露出を一定にした状態で撮影者が絞りとシャッタースピードの組み合わせを変更できます。(絞りとシャッタースピードの手動設定は不可)

PENTAXの一眼カメラにはハイパープログラムと呼ばれる機能があり、プログラムオートモード(P)使用時に電子ダイヤルを使用して絞り優先モード(Av)、シャッター優先(Tv)への切り替え、グリーンボタンの押下によるプログラムオートモードへの復帰ができます。

>> より快適に露出設定を行えるPENTAXの“ハイパー操作系”とは?/ Beautiful Photo-life | RICOH IMAGING

基本的に露出の度合いはカメラ任せにしつつ、被写体に応じて絞りやシャッタースピードをざっくり調整したい場合に有効です。

絞り優先モード(A、Av)

絞りを撮影者で設定し、シャッター速度はカメラで自動計算する撮影モードで、「A」もしくは「Av」で表記されます。(ISO感度については自動もしくは手動設定を選択可)

「A」はAperture、「Av」はAperture valueの略称です。

露出に関わる一部の設定を手動で行う特徴から、セミオートモードとも呼ばれます。(後述のシャッター優先モードも同様)

写真の明るさはカメラに内蔵された露出計に従って算出され、露出補正を用いて明暗を調整可能できます。

一眼カメラ初心者にも比較的扱いやすいモードで、人物の撮影やボケフォトの撮影を行う際などに有効です。

シャッタースピード優先モード(S、Tv)

シャッタースピードを撮影者で設定し、絞りはカメラで自動計算する撮影モードで、「S」もしくは「Tv」で表記されます。(ISO感度については自動もしくは手動設定を選択可)

「S」はSpeed、「Tv」はTime valueの略称です。

シャッタースピードを撮影者で決められるのがウリですが、写真の明るさがカメラの適正露出に従って決定される関係から、バルブ(Bulb)やTimeといった特殊な値には設定できません。(露出補正は利用可)

主に乗り物や動物といった動きのある被写体に対して有効です。

マニュアルモード(M)

絞り、シャッター速度、ISO感度をすべて撮影者で設定する撮影モードで、全メーカー共通で「M」と表記されます。

「M」はManualの略称です。

上記3つの設定をすべて手動で設定する点から、フルマニュアルモードとも呼ばれます。

特にシャッタースピードの設定については先述のシャッター優先モードよりも柔軟性が高く、バルブ(Bulb)やTimeといった特殊な値も設定できます。

初心者にはやや扱いにくい撮影モードですが、被写体によってはマニュアルモードでの撮影が求められるケースもあります。

派生モードとしてバルブモード(B)があり、シャッタースピードがバルブ(Bulb)に固定される以外はマニュアルモードと同様です。

花火撮影に適した撮影モード

花火写真の撮影に適した撮影モードはマニュアルモード(M)もしくはバルブモード(B)のいずれかになります。

花火は打ち上がるタイミングと打ち上がってから消えるまでの時間がまちまちなため、綺麗に撮るためにはシャッタースピードをバルブ(Bulb)に設定する必要があります。

シャッタースピードをバルブに設定できる撮影モードは上記で挙げた2種類のみとなります。(どちらのモードが利用できるかはお使いのカメラによって異なります)

より詳しい設定については以下の記事で解説していますので、合わせてご覧いただければと思います。

>> 花火写真の撮り方講座〜第4章 カメラの設定〜

まとめ

本記事では撮影モードの概要と違いについてざっくり解説してまいりました。

撮影モードは大きく5つあり、ざっくり以下の特徴があります。

オートモード 露出に関わるすべての設定ならびにホワイトバランスなどの色情報に関わる設定が自動で行われる。
プログラムオートモード(P) 露出に関わるすべての設定は自動で行われるが、ホワイトバランスなどの色情報は手動で設定できる。
シャッター優先モード(A、Av) 絞り(F値)は撮影者で設定でき、シャッタースピードは自動計算される。(ISO感度については自動/手動どちらも設定可)
絞り優先モード(S、Tv) シャッタースピードは撮影者で設定でき、絞り(F値)は自動計算される。(ISO感度については自動/手動どちらも設定可)
マニュアルモード(M) 露出に関わるすべての設定(絞り、シャッタースピード、ISO感度)をすべて撮影者で設定する。派生系にバルブモード(B)がある。

花火写真の撮影においてはシャッタースピードをバルブ(Bulb)にする関係上、マニュアルモード(機種によってはバルブモード)が最も適しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

カメラについてもっと知りたい方は、以下の書籍をご覧いただくとより理解が深まると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の魅力をお届けしています。
花火撮影に関する質問・疑問をお待ちしています

花火写真部では皆さまからの花火写真の撮影に関する質問をお待ちしています。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。(返信には多少お時間をいただく場合がございます)

皆さんにとって満足のいく花火写真の撮影をお手伝いできれば幸いです。

お問い合わせはこちら